知多市 竹内歯科医院l

愛知県知多市岡田野崎33
phone 0562-55-0006

予防・治療

Here at the Takeuchi Dental Clinic we specialize in prevention based treatment. Our friendly staff will provide you with the utmost care and professionalism. As our staff is knowledge in dental hygiene, it is important that you are just as knowledgeable explanation and will create a plan based on your needs to improve and maintain your perfect smile. With prefect dental hygiene, not only will you have healthy teeth, but you can also hold a healthy mind and body.

1 予防的矯正治療・非抜歯矯正治療

子供の頃から綺麗な歯並びと美しい笑顔を

あごが小さいことで起こる悪い歯並び。
歯並びが悪くなる原因のほとんどはアゴが小さいことです。アゴが小さいためにすべての歯がきちんと生えることができず重なって生えてきたり、糸切り歯が外に飛び出して八重歯になったりします。このような場合今までは歯を抜くなどの処置で対応してきました。
それに対して、従来の矯正治療では治すことのできなかった「アゴの拡大」をすることにより、抜歯をしなくて済むという非常に大きなメリットがあります。成長に合わせ歯を抜かずに矯正(非抜歯矯正)していくことを予防的矯正治療といいます。それぞれのお子さまの発育は個人差があり、矯正治療を始める時期も異なってまいります。ただ単に日常の癖を取り除くまたは姿勢を整えることにより治ってしまう場合もありますし、成長とともにあごの発育のバランスがくずれ不正咬合を作ってしまう場合もあります。それぞれの時期にあわせて予防・治療していくことがとても大切です。お子様の歯を見て「このままでいいのかしら」と思われましたら、どうぞご相談ください。そのときのお子様の状態をまず知っていただき、矯正するしないにかかわらず、そのときに出来る最善方法をご説明いたします。矯正が必要な場合は早期治療をお勧めいたします。とにかく歯の本数を減らさずに矯正(歯を抜かない矯正)をしたいですね。 始める時期が大切です。

従来の矯正治療のデメリット

● あごの大きさを変えないため、抜歯をしなければならなっかった

● 永久歯が生えるのを待って治療する場合、年齢的に骨格、筋肉など 成長が停止し治療に限界がある

● 後戻りが多い

などのデメリットが改善できます。

あごが大きくなるといってもお顔が大きくなるのではなく、歯の大きさにあわせて成長を助ける方法と思ってください。
反対咬合(下あごが前に出ている)上顎前突(上あごが前に出ている)のお子様は、骨格の成長時期が大切です。少しでも早い時期での治療が、その後の治療結果を左右します。

矯正とともにお子様の虫歯の管理もさせていただきます

永久歯列が完成した時に、歯並びが綺麗なのはもちろん、虫歯が1本もなく、かつ削って治療した歯もないということを目標にしております。そのために、毎回の来院時に虫歯の予防処置を行います。フッ素を使った歯のクリーニング・歯みがき指導などを行います。低年齢からこれらの予防処置をすることによって、虫歯になる可能性は大幅に下がり、一生を通じて虫歯になりにくい体質の歯になります。このことは歯並びが良くなることと同じくらいメリットがあり、子供さんにとっては、一生の財産になると思います。
また、定期的に来院していただきますので、虫歯予防をご家庭と医院で管理できます。

↑ページの上部へ

2 成人矯正治療

歯並びは見た目だけでなくかみ合わせも改善できます

最近では成人の方たちも矯正希望される方が増えてきております。
歯並びの相談で多いbest 1は、ルックス。人と話すときによく目がいくのは、やはり口元。歯並びがよいと見た目きれいですよね。
歯並びにコンプレックスを持たれている人多いのです。自信を持って笑いたい。
ほかにも虫歯、歯周病になりやすい。歯と歯の重なりの強いところはブラッシングがしにくく、虫歯、歯周病になりやすい環境になります。またいつも負担をかけている歯は歯周病が早く進行します。ほかには悪い歯並びをほっておくと、かみ合わせの影響からよく噛めずに内臓に負担がかかる、また顎関節症といわれるあごの痛み、あごが開けられない、などの症状が出る方もみえます。
かみ合わせがうまくいってないと、中にはあご、首などの筋肉に負担がかかり、そのほかの全身の様々なところに影響がでることも。
見た目も大切ですが、かみ合わせを大切にしたいですね。
最近では少しだけ矯正する、プチ矯正も人気。

歯の矯正、皆さんのイメージは?
金属が歯の表面にギラギラしていて、いかにも歯の矯正をしているといった感じ。
まだまだこのような矯正方法は一般的ですが、当医院の矯正方法はブラケット(個々の歯の表面についている装置のこと)を歯の色に似た白色のセラミックを用いてすこしでもめだちにくく、まったく目立たない など審美的にも目立たせないような審美矯正方法です。
ではその方法とは

● 歯の表面につけるブラケット(装置)は、白色で、ワイヤーは普通の金属色(銀色)。

● 歯の表面につけるブラケット(装置)は、白色で、ワイヤーも白いワイヤー。

● 歯の裏側に装置をつける(舌側矯正)。

裏側に装置をつけるため表から見えないため、矯正をして ることに気づかれません。この方法には上、下裏側につける方法と、どちらか一方上を裏側、下を表 側などの方法もあります。

↑ページの上部へ

3 審美歯科

若々しい口元、見た目だけでなく健康面も改善できます

前歯の見た目を気にされている方は多くいらっしゃいます。前歯の形とか色、歯並びとか歯ぐきの状態をもし気にされていたら、解決することにより、最近よくいわれるアンチエイジングに大きく貢献します。見た目も美しく若返り、気持ちも前向きになり、それらが全身の健康にもつながります。心の内面を含めた若返り。
その治療法にはいくつかありますが、その前に基本としているフリーメタル治療について。
このフリーメタル治療とは、お口の中に入っている金属を、体にやさしい材質でおこなう治療法です。
お口の中の金属は老化に深くかかわっています。特にアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズを含んでおります。水銀やスズは重金属と呼ばれ、神経毒性が強く、不眠、イライラ、頭痛、めまい、アレルギー、肩こりなどさまざまな原因不明の痛みなどを引き起こします。不定愁訴といわれます。
また金属が、内臓への蓄積を起こすことによって、免疫力の低下が起こります。免疫が正常に働くことによって、リウマチなどの病気が治った方もたくさんおられます。また、肌の老化を進めてしまいます。
さらに、体に蓄積された金属は活性酸素をどんどんと発生させ、確実に細胞にダメージを与え、細胞の老化はスピードアップされます。また活性酸素によりがんの原因にもなるといわれます。詰めたりかぶせたりする治療において、こうしたお体への金属の影響が少しでも減らせるような治療を受けていただけたらと思っております。

治療方法を説明していきましょう。
この方法にはオールセラッミククラウン(歯にかぶせる、詰める) ラミネートベニア(貼り付ける) ハイブリッド(歯にかぶせる、詰める)など色々な方法があります。
歯を削る量を最小限におさえ、しかもかみ合わせをふくめた問題のない治療をお勧めいたします。その方の口元に合わせたデザインで変化するため、多くの方に喜ばれております。

● ラミネートベニア(貼り付ける) 
欧米では審美歯科の代名詞と言われる方法です。歯の表面に薄いセラミックをつけ爪のように貼り付ける方法です。歯の色の変色が強く、ホワイトニングで白くならない歯を白くしたり、歯の大きさ、形、並びを変えたい、あるいはすき間を改善したいなど、いろいろ改善できる方法です。歯を削る量が少なく、神経も抜かずにできるため、多く用いられる方法です。

● オールセラッミククラウン(歯にかぶせる)
金属をいっさい使わないセラミックだけでかぶせる方法です。金属を使っていないため、自然な歯の透明感が再現できます。また金属アレルギーの予防にもなり、より美しくきれいな歯の並びも手に入れられます。 かぶせる前の補強するための土台も金属が多く使用されますが、その土台にもファイバーコアーと言われる金属以外の土台を使用します。金属をまったく使用しないので、透明感があり、審美性に大変すぐれています。

● ハイブリッド(歯にかぶせる、詰める)
かみ合わせの負担の大きいかた、歯の磨り減りの大きいかた、歯周病の影響の強いかたなど歯の自然なすり減りが必要とされるような場合によく治療に使用します。その後の歯周病の影響が少なきできます。

当医院のシステムにより1時間ほどのお時間で、麻酔の効いているうちに虫歯の部分を完全に取り除き、ご自分の歯のような詰め物が完成いたします。次回予約まで仮のもので過ごす心配もなく、とくに虫歯を取り除きすぐ詰めることから、歯の中の細菌感染が最小限に抑えられ、その後虫歯になりにくくできます。

すでに、金属の詰め物が入っておられる方も交換することができます。口の中につまっている金属は、全身に弊害をもたらす可能性があります。もし、内科や皮膚科で治らないような症状がある場合は、ご相談ください。

↑ページの上部へ

4 最先端ドイツ式固定義歯治療

インプラントが怖い、できればそれ以外の方法で治療したい方に、最先端ドイツ式固定義歯治療

 近年、歯を失った方に対してインプラント治療が主流ですが、歯の喪失を予防することはできません。そして、インプラント治療が怖い、多くの方が病気を持っている、歯周病がある、骨粗鬆症で顎の骨がもろい、などインプラントで治療ができない場合があるのも事実です。

このような問題の多い患者様でも治療のできる最先端ドイツ式固定義歯です。今までの義歯ですと、歯をバネが横に揺らしてしまって、歯周病にかかりやすくなっておりましたが、この方法は歯を揺らすこともなく、取り外しのできるブリッジを入れている感覚になります。
そのために歯を残すための方法とも言えるのです。歯のない部分の骨が痩せていってもその部分の修正で長く使えるのも特徴です。  

患者様の感想
他院でインプラントを勧められ、どうしても不安があり、セカンドオピニオンの意見を聞きたく来院しました。手術も決まっておりましたが、NHKでインプラント歯周炎の怖さも見てましたし、どうしても他の方法がないか探していました。今回この方法を知り本当に救われました。取り外しですが、固定式のように使え、よく噛めるようになりました。不安がなくなりました。
ありがとうございました。

 

この固定式義歯の特徴

固定性の義歯と同様の装着感がある
義歯を取り外した時、歯の清掃がしやすい
義歯を入れると、歯を固定してくれる
義歯を入れたままでも装着したままお休みになれる
長く使用でき、歯も残りやすい

などが挙げられます。

こちらの方法は機能的にも精神的にも健康的にも優れた方法といえます。最近テレビ等でもよく話題にされるアルツハイマー病。

かむ刺激と脳への血流量の関係が明らかにされアルツハイマー病の予防に大切です。かむことが脳細胞を刺激し脳に明らかな刺激を与え、思考力を増し、脳細胞の活性化につながることが、医学的に証明されてます。

またよく噛むことにより、唾液が多く出ます。唾液はたくさんのパワーを持っています。まず、食物を唾液と混ぜることにより、消化能力があがる。

また、発ガン物質などを解毒する。さらに、虫歯菌をやっつけたり、食後に酸性になったお口の中を中性に戻す役目もあります。唾液の中には、パロチンという、若返りのホルモンも含まれていますので、若返りにも役に立ちます。 噛む力が強い人の方が、足腰も強く平均寿命が長いといわれております。

しっかりかめることにより食事が楽しくなり、笑顔も増え、毎日の生活も活気が出て、人生が楽しく前向きになります。

↑ページの上部へ

5 かみ合わせ予防・治療

全身に影響してしまうかみ合わせ

かみ合わせは全身の骨格、筋肉に影響を及ぼし、姿勢にかなり関係しています。姿勢が傾けばそれに合わせ圧迫された内臓は血液の循環不全を起こし細胞の壊死など様々な影響が考えられます。特に寝ている間に歯ぎしりをしたり、食いしばるなど強くかむ方ですと、歯にご自分の体重ほどの力がかかり、歯周病などに悪影響を与えます。かみ合わせは歯周病にも関係していますのでとくに大切な治療です。
上下でかみ合わせたとき、左右均等な力でかみ合いますか?
反対にゆっくり噛んでいくときどこかの歯が早くあたったり、噛んだときにずれたりしませんか。そのような方は普段の姿勢にも関係していきます。からだのずれと同じように、ずれていても立っていられるし、歩くこともできます。同じようにかみ合わせにずれがあっても、かむことはできます。
でもどこかに負担をかけながら。この状態が続くとだんだん歯が破壊されていくのです。
かみ合わせに問題のある方は、かみ合わせの診断治療が必要になります。特にお時間をかけて、お口の型、お写真等を採集させていただき、より詳細に診断させていただきます。問題のあるかみ合わせは、ある装置を入れて理想のかみ合わせを体験しながら、あごと歯とのバランスをとることにより、治療してまいります。その結果仮の歯を入れ、かみ合わせ整えてから最終的に詰める、かぶせる方法で治療をしていきます。お口の中の問題点を患者様ご自身に良く知っていただきながら、その方に必要な最善の治療の考え方をお話させていただきます。 歯ぎしり、食いしばりの強い方は夜お休みになるとき装置を入れて予防もするのも良い方法です。

↑ページの上部へ

6 歯周病(歯槽膿漏)予防・治療

いつもまでも歯を残すための歯周病治療です

予防ルームにて、患者様お一人づつ予防専門の歯科衛生士が担当させていただき、歯科医師と協力し歯周病の予防・治療、治療後のメインテナンスを行っております。
まずは患者様のお口の現状の理解と問題点の説明、その原因と予防法のお話をさせていただきます。予防を行うことから、治療はスタートし、その方のお口の中の環境に合わせて治療は進みます。どの方でも同じように、ご自身でもできるご家庭での予防もあわせて行いますから、ご安心して、わからない点、磨きにくい場所、方法など担当衛生士に何なりとご質問なさってください。
お子様の虫歯予防以外に、この歯周病予防も同様に成長期の予防はとても大切なことです。

定期的にクリーニングを受けるライフスタイルは、北欧、アメリカなどでは定着しております。
歯石を取ることと、ティースクリーニングは違います。ご存知でした?
ティースクリーニングは、PMTC (Professional Mechanical Teeth Cleaning)と呼ばれ、北欧で開発された歯周病予防方法です。これはやわらかいゴムのカップを用いて、歯の表面についた虫歯、歯周病の細菌を取り除きながら、フッ素で歯をコーティングしていくものです。
その効果は、 虫歯、歯周病の細菌は「バイオフィルム」といわれる歯磨きで破壊できないバリアーの膜をつくり、その中で増えて生きます。PMTCはこの膜を取り除き進行を抑えながら歯の表面をフッ素の効果で、再石灰化を促進します。
この方法は、3ヶ月ごとにおこなうと効果が持続します。これらの細菌は約3ヶ月でまた増え始めます。1年に4回ですね。歯の表面がツルツルしているのが実感できますよ。
クリーニングが終わった後、お水を飲んでみてください。ビールが飲める方はビールを飲んでみてください。日本酒でもOKです。「水ってこんなに美味しかったのか・‥…」って感動しますよ。歯で、歯茎で昧が分かるような感触がするんです。私達は、いつもキレイなコップやお皿で飲食をしています。でも、歯は汚れていると本当の昧が分からないものです。クリーニングでキレイになった口の中は、味覚を敏感にキャッチします。クリーニング後の食事は、飲み物・食べ物が一層美味しく感じること間違いなしです。
お子様の予防もこの方法を利用し、それに加えレーザーによる歯質強化をおこないます。
当院の歯のクリーニングは、むし歯や歯周病の原因である細菌群を破壊し、歯ぐきの健康な状態を維持することを目的としています。患者様と歯科衛生士が協力しながら、あなた様、お子さまのお口の中をいつまでも快適で健康な状態に保っていきたい。ご一緒します。予防をスタートしましょう。


↑ページの上部へ

7 ホワイトニング

白い歯で高感度UP!口元からアンチエイジング

今流行のホワイトニングです。
白い歯はとても魅力的ですよね。歯を削らずに歯を自然な白さにしていく 方法です。
口元の白さを実感なさってください。
笑顔に自信! 白い歯で高感度UP!
どなたでも歯は使っていくうちに変色、着色などがおこってきます。毎日の歯みがきだけで改善されないこうした変色を健康的に白く変えるだけで、その方のイメージがUP.どなたでもお話をするときに相手の口元に注目しています。
自信を持っておしゃべりしませんか?

8分を3回で白い歯に。最新ホワイトニング専門機器。
トータルで80分完全予約制のホワイトニングシステムです。
歯の表面についた着色をきれいに取り除き、つづいて最新ホワイトニング専門機器を使って8分を3回ホワイトニング。これだけで白さがUPします。
さらに歯の白さを維持したい方はホームホワイトニングでさらにUPします。
おすすめはオフィス、ホームどちらもおこなうトータルホワイトニング。


↑ページの上部へ

8 虫歯予防

その日に詰めて細菌感染を防ぐ

まず削らないことを基本にしております。いわゆる虫歯の治療は健全な歯の部分は最大限保存し、病気の部分のみ除去するMI(最小侵襲治療)を原則にさせていただきます。従来の治療で虫歯部分を含めて多くの歯を削らなければならない場合も、虫歯になっている必要最小限だけを取り除き、隙間なくつめる方法です。予防で進行を止め、それだけで歯の再生により虫歯を治す方法、レーザーが適用かどうか。同じ虫歯でも方法はさまざまです。これから使う歯をいかに多く残しておくかが大切です。またその日のうちにお待ちいただいている間に白い詰めもので治療できる方法は、同時にかみ合わせを重視したものでもあり、その後の虫歯の再発予防にもなります。無痛治療で行います。
歯みがきをしていても虫歯になってしまう。それは虫歯は感染症なのです。
この細菌は歯の表面にベタベタついてそのうちこの細菌の周りに「バイオフィルム」といわれる歯磨きで破壊できないバリアーの膜をつくりその中で守られながら増え続けさらに歯を溶かして生きます。そこで大切なのは、
・ 細菌に感染しない 
・ バイオフィルムを取り除く 
・ フッ素で歯を強化する 

ことが大切です。

↑ページの上部へ

9 レーザー治療

レーザーは歯に対してのダメージは必要最最小限

今日レーザーは医療分野でも広く使われてきております。初期虫歯、歯周病の治療にレーザーの治療は、歯を少しでも多く残すためのひとつの手段として、とても有効な治療です。この方法も歯に対してのダメージを必要最小限に抑え、治る時間を早くすることが可能です。
こちらでは虫歯専用レーザーと歯周病専用レーザーがあり、それぞれの用途に合わせて使用いたします。レーザーの最大の特徴は術後の痛みを減少し、治りが早いことです。今まで削らなければいけなかった虫歯も、レーザーで除去でき、神経をとることなく、そのまま詰めることも可能となりました。また進行した歯周病もレーザーの照射により、腫れの少ない状態に回復することも可能となりました。


↑ページの上部へ

歯肉の黒ずみもレーザーでピンク色に

虫歯、歯周病予防にレーザーが有効であることはお話しました。歯肉の黒ずみは日焼けと同じでメラニンという色素によるものです。ホワイトニングにより理想的な歯の白さを得ることが出来ても 歯肉の着色は不健康なイメージを与え、せっかくのホワイトニング効果も半減してしまいます。
この黒ずみはレーザーを使用すれば、数日から1週間ぐらいで徐々にピンク色のきれいな歯肉に生まれかわり、笑顔がいっそう引き立ちます。
この歯肉が黒ずむ原因は、喫煙 ・ 金属のかぶせ物、差し歯 ・ 歯周病による血行不良 などが多く、そのためには歯周病をしっかり治療しながら、金属を使用しない方法に変えること。それに加え、レーザーを併用すると再発が少なくてすみます。歯肉の上皮は、細胞の新生、剥離を繰り返し、20日―25日のサイクルで新陳代謝されますので、この期間で再発しなければ大丈夫です。ただ原因がそのままですと半年程度で後戻りします。


↑ページの上部へ

Blog


ご相談は、竹内歯科医院へ

〒478-0021 
愛知県知多市岡田野崎33
phone: 0562-55-0006
9:00-12:00 2:00-6:30(平日)
9:00-1:00 2:00-6:00(土)

休診日:日曜 木曜 祝日
※祝日含む週は木曜診療

↑ PAGE TOP